要らない資材を再利用|瓦礫選別をしてくれる専門業者の選び方とは

作業員

分別する必要性

廃品

瓦礫の処理を行う場合には瓦礫選別を行うことが費用を抑える上でのポイントになります。瓦礫のままでは混在したゴミとして処理しなければならず費用も掛かりますが分別することで資源ゴミを取出すことができ、瓦礫として処分する量を減らす事ができます。

瓦礫を処分する業者選び

廃棄物

業者を選ぶ場合のポイント

建築物の解体作業などを行う現場ではたくさんの産業廃棄物が発生しますが、これらの廃棄物は法律によって適切に瓦礫選別したうえで産業廃棄物として処理することが決められています。そのため、専門技能を持った業者に依頼して瓦礫選別してもらうことが一般的です。国内にはたくさんの瓦礫選別を行う業者がいますが、すべての業者が最終的に産業廃棄物を処理する許可を持っているわけではありません。瓦礫選別業者を選ぶ場合の一番目のポイントは廃棄物処理の許可を持っているかどうかになります。もちろん、許可を持っていなくても、人と機械があれば選別することはできます。しかし、最終的に処分するための許可を持っていないと、選別した瓦礫を処分してもらう人を見つけなければなりません。確実に瓦礫を産業廃棄物として処分するためには、その許可を有していることが重要なのです。また、瓦礫選別を行うことでリサイクルができるものと最終処分するものに分けられるため、処分費用を抑えることができますので、そこのノウハウを持った業者を選ぶことも重要です。業者によっては、廃棄物の買取を行ってくれるところもありますので、常に費用がかかるというものでもありません。自分で瓦礫を選別することは大変な作業ですので、費用をかけたくないからと言って自分での作業を考えるべきではありません。むしろ、いかに安い費用で処分してもらえるか、場合によっては買取を行ってもらえるところはないのかを探すことが重要です。

イチオシサイト

瓦礫を安全に処理する

解体工事

建物の解体作業などでは、大量の瓦礫選別作業が必要になります。自ら手作業で行うのは危険であり、人員確保のコスト、労力、時間もかかるほか、法的な基準もクリアしていかなければなりません。それを解決するには、専門業者に相談し、自動で瓦礫選別を行う機械を導入、もしくはレンタルすることが確実な方法です。

瓦礫とその選別作業

重機

解体工事を行った際に発生するものとして、瓦礫がある。瓦礫は産業廃棄物になり、規定に従って分別しなければならない。これらの瓦礫選別では、人手による選別もあるが、機械を用いた選別により作業時間の短縮化などが可能になる。